心強いアイテム、ファセオリン

テレビで放送されて一時大ブームとなった「白インゲン豆」。皆さんも記憶に新しいのではないでしょうか。しかし、その一方で食中毒などの被害も起こり、別の意味でも白インゲン豆は有名になったような気がします。
白インゲン豆から抽出されるレクチンの一種、ファセオリンは、炭水化物を主食にしている私たちの心強いダイエットアイテムです。
ファセオリンは、炭水化物の分解を妨げ、腸での吸収を阻止する働きがあることから、炭水化物カットサプリとしてのダイエット効果が謳われています。

問題の食中毒事件では、白インゲン豆を火が通っていない状態で口にしたことで、吐き気や下痢などを引き起こしたものです。
ですので、サプリメントとしての白インゲン豆抽出エキスには何の問題も無いので心配することはありません。

炭水化物カットサプリはダイエットをする人にとってはとても心強いアイテムですよね。
ダイエットの食事制限といえば、炭水化物カットが常識となっているくらいですから、これほど心強いものはないです。

ファセオリンの効果的な摂取方法としては、食後に摂るのが良いタイミングでしょう。
食前の方が効果的とされるカット系サプリには珍しいのですが、このファセオリンという成分は腸の中で食事(炭水化物)と合わさる事ではじめて効果を発揮するものなので、食事と一緒に腸に存在しなければ意味のない成分なのです。

食後のファセオリン摂取で、ダイエット中でも安心してごはんやパンが食べられますね。

食べすぎが続いた後のダイエットサプリ利用

ダイエットの最中でも、つい気が緩んでしまい普通通りに食べてしまったり、ダイエットを頑張りすぎていた反動でドカ食いしてしまったりという経験、誰もがあるのではないでしょうか。
特に週末や、長い休みが続いたりするとダイエット中の方には誘惑の危険が多いですよね。

「今まで頑張ってたのに、こんなに食べてしまってもうダメだ!」と諦めて自暴自棄にならず「今まで頑張ってきたんだからちょっと食べただけで元に戻るわけない!」という気持ちに切り替えて、さぁ、また新たな気持ちでダイエットスタートさせましょう。

今まで我慢していたのに急に沢山のものを食べてしまうと、胃はパンパン。
まずは中のものをスッキリ出す事から始めましょう。
便秘気味の方には乳酸菌や食物繊維のサプリをお勧めします。
水分を多めに摂るなど心がけ、出来るだけ自然なお通じを待ちましょう。

食べすぎが続くと、なんとなく身体が浮腫んだような状態になりませんか?
鏡を見てなんとなく顔がスッキリしないのは、太ったからでは無く、浮腫みです。
いくら食べ過ぎたからって2,3日で見た目に分かるくらい太ったりしませんから。

浮腫みを感じたら、メリロートというサプリを飲んでみてください。
身体の水分の巡りを整えてくれるサプリですからきっとスッキリとするはずです。

口が食べ物を欲する時には、ギムネマサプリを一粒、舌の上で転がした後、摂取してみてください。
ハーブの一種ギムネマは、甘みを感じにくくする働きがあり、食欲を抑えてくれるでしょう。

とはいえ、ダイエットに多少の我慢はつきものです。
必ずなりたい自分になれると信じて、明日も頑張っていきましょう!

ダイエットサプリで便秘知らず

ダイエットにサプリメントを使用している方は多いと思います。
薬のような形状で、最初はちょっぴり抵抗を感じる方も多いと思いますが、近年のダイエットブームによって、ダイエットサプリを試した事がない、という人の方が珍しく思えるくらいになったのではないでしょうか。

ダイエットサプリを飲み始めると、便の状態が変わってくるのを感じませんか?
便秘はダイエットの大敵。便秘気味の方には嬉しい効果ですよね。
しかし、困った事に”おなら”の回数も増えてくるので、これにはちょっと注意と我慢が必要です。

もともと便秘の悩みがない方は、便が柔らかくなる、細くなるといった現象が現れてくると思います。
下痢とまではいかないこの現象、ダイエットサプリ摂取による効果なのです。

ダイエットサプリの殆どに、食物繊維が含まれているのですが、食物繊維と表記されている訳ではありません。成分の名前として、ペクチンやセルロース、キトサン、コラーゲン、そして難消化性デキストリンなどの名称が挙げられます。
皆さんも目にした事がある成分ばかりだと思いますが、これらは全て食物繊維なのです。

食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維に分けられ、前者の方は糖やコレステロールの吸収を穏やかにする働きがあります。
不溶性の方は、腸内環境を改善してくれる働きがあり、便を排出しやすい状態に整えてくれるのです。

ダイエットサプリは、その効能とは別にスムーズな排便を手助けしてくれる働きもしてくれます。
便秘はダイエットの大敵、毎日出して、スッキリスリムを目指しましょう。

コエンザイムQ10の効果

コエンザイムQ10という成分、ここ数年で多く目にするようになったと思いませんか?
化粧品の成分やアンチエイジング商品によく使われているイメージがあるのですが、実はこの「コエンザイムQ10」ダイエットサプリメントとしても活用されています。

ダイエットサプリには、大きく分けて食事の栄養・・・糖分や油分等をカットする作用のある「食事系」と、運動をする前に摂取すればより効果的な「燃焼系」のふたつに分けられます。
コエンザイムQ10は意外な事に脂肪燃焼を促進させる燃焼系のダイエットサプリとして人気を集めているのです。

コエンザイムQ10は、脂肪や糖などをエネルギーとして使用する際に働く重要な成分です。
もともと私たちの体内に存在する成分ですが、他の成分と同じように、やはり加齢と共にその合成能力は低下してきます。
食事からの成分吸収も難しく、サプリメントでの摂取が望ましい成分のひとつでもあります。
コエンザイムQ10が加齢と共に減少すれば、脂肪や糖がエネルギーに変換されずに太りやすくなってしまう・・・という訳です。

エネルギーを生み出す働きをするコエンザイムQ10ですが、ただ摂取するだけで脂肪や糖が燃えていくという訳ではありません。
運動などで身体を動かし脂肪が燃えている時に、サプリで充分に補われたコエンザイムQ10が活躍するのです。

加齢や運動不足などで、基礎代謝が悪くなっている方が増えています。コエンザイムQ10の摂取と運動で基礎代謝を上げ、痩せ体質へと改善させましょう。

油カット、キトサンの注意点

現代人にとって、サプリメントは食事と同じくらいに当たり前のものになっているのかもしれません。
ビタミン、ミネラルのようなベースサプリを軸に、自分に必要なサプリメントを常時飲み続けている方もいるのではないでしょうか。

ダイエットに使用する場合も同じ事が言えます。”効いているのかどうかはわからないけれど、飲むのを止めてしまったら太ってしまうかも”という思いから、もう何年もダイエットサプリを続けている方も少なくはないと思います。

ダイエットサプリはそもそも、ダイエットの手助けをしてくれる食品です。
運動や入浴前、日常生活の動き等で燃焼効果を高めるためのサプリと、食事から摂取する糖分や油分をカットして摂取カロリーを減らすサプリの二種類に分けられます。

ダイエットサプリを日常的に摂取している方は、カット系サプリが習慣になっているのだと思います。サプリを飲まないと安心して食事が出来ないという精神状態になっているのではないでしょうか。

サプリメントは、摂取量さえきちんと守っているならば飲み続ける事のデメリットは無いと思います。しかし、日常的に摂取するには不向きなダイエットサプリもあるので紹介しておきます。

油をカットする事で有名なキトサンですが、この成分は身体に必要な栄養素ビタミンE等も一緒に排出してしまいます。ですので、キトサンを日常的に摂取するのはやめ、特に揚げ物等を食べ過ぎた日のみにとどめておきましょう。
また、キトサン摂取の際はマルチビタミンやミネラルを同時に飲むことをお勧めします。