ダイエットサプリの薬事法的な位置づけとは?

サプリメントにもいろいろな種類がありますよね。
サプリメントの意味は”補うこと”。日常の食生活では補う事の難しい成分などを、サプリメントで補うというのが一般的な使用目的です。

ダイエットにもサプリメントを取り入れる方が多いと思います。
ダイエットサプリの場合は”補う”は補うでも、ダイエットするために有効な成分を摂り入れる、という目的で皆さんは使用すると思います。
日常の食生活の中では、ダイエットの為に有効な成分だけを必要摂取分とるのは非常に難しいですものね。

サプリメントは医薬品、医薬部外品、食品の3つに分けられます。
ダイエットサプリは食品に分類されていますが、私たちが知らなければいけないのは、この”食品”に分類された事によるダイエットサプリの規定です。

医薬品は、病気の治療を目的としたもので、具体的な効能を表記する事が出来ます。
病院で処方される薬や、ドラッグストアで購入出来る薬がこの医薬品です。

医薬部外品も医薬品と同じで、効果や効能を認められているものです。
医薬部外品に分類されたものが重点を置いているのは”予防”であるほかは、医薬品と殆ど変わりはありません。

薬事法によって管理されている上の2つと異なり、食品に分類されているダイエットサプリは規制が緩く、品質のばらつきが大きいのが現状となっています。
厳しい言い方をすれば”食品として危険でなければ品質は問われない”それがダイエットサプリなのです。

否定的な言い方をしましたが、殆どの企業が優秀なダイエットサプリを提供していると思います。
しかしそれを鵜呑みにせず、きちんとした目を持って商品を選んで欲しいと思います。

Comments are closed.